「件(くだん)」とは?意味や使い方を解説!

「件」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「件」について解説します。

目次

  1. 件の意味・読み方とは
  2. 件を使った文章・例文

件(くだん)」という言葉は日常会話やビジネスの場面でも使われることがあると思います。何気なく使っている言葉ですが、その意味や使い方などは詳しく知られていない言葉でもありますね。

通常は「件(けん)」の形で使われるため、「くだん」と言われるとどのような意味を表しているのかを瞬時に理解することが難しい時もあるかもしれません。正確な意味や使い方を正しく知って正確に使いたいものですね。

この記事では、「件(くだん)」の意味や読み方、使い方を解説します。

件の意味・読み方とは

「件」は「くだん」と読み、意味は「既に話したこと、いつもの」といったことを表します。使い方としては「件の(くだんの)」という形で使うことが多いです。

「件」を「けん」と使う場合には、「特定の事柄」という意味になりますので、「件(くだん)」とは意味も異なってきます。したがって、「件の件(くだんの件)」という使い方も可能になります。意味は「既に話していたこと」といったことを表します。

文章にする場合、「件の件」と書くとわかりにくいため、「くだんの件」とするのが良いでしょう。

「件(くだん)」は妖怪の名前としても使われます。江戸時代から昭和にかけて西日本で目撃情報が相次いだ、半分が人間で半分が牛の妖怪が「件(くだん)」です。死ぬときに不吉な予言をする妖怪として恐れられていました。

件を使った文章・例文

  1. くだんの件だが、口外しないように頼むよ。
  2. くだんの取引については、引き続き慎重に進めてくれ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ