「驕る平家は久しからず」とは?意味や使い方を解説!

「驕る平家は久しからず」ということわざを一度は耳にしたことがあると思います。覚えておくととても便利な言葉です。今回は「驕る平家は久しからず」の意味・使い方・例文などを紹介します。

目次

  1. 驕る平家は久しからず
  2. 驕る平家は久しからずの意味とは
  3. 驕る平家は久しからずの類語
  4. 驕る平家は久しからずを使った文章・例文

驕る平家は久しからず

奢る平家は久しからず(おごるへいけはひさしからず)」ということわざは、調子に乗ってしくじった人に対して使う場合など、日常の中でも使う機会があるかもしれません。

何気なく聞いていることわざではありますが、その語源や意味について詳しく知っている人は少ないかもしれませんね。

この記事では「奢る平家は久しからず」意味や語源、類語や使い方について解説します。

驕る平家は久しからずの意味とは

「奢る平家は久しからず」は「おごるへいけはひさしらからず」と読み、意味は「成功しているものでも思い上がった振る舞いをしていれば、必ず滅びる」ことを表しています。

語源は平家物語の一説の「奢れる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし」からきています。当時の平氏は一大勢力として栄華を誇っており、傍若無人な振る舞いをしていました。一時期は「平氏でなければ人ではない」とまで言ったほどですが、次第に勢力を弱めていった末、源氏が権力の座を奪い取ります。このように平氏が滅びていった様子がこのことわざの由来になっています。

「久からず」としてしまいますと間違いですので、送り仮名は「久しからず」として「久からず」としないよう気をつけてください。

驕る平家は久しからずの類語

  • 盛者必衰
  • 栄枯盛衰
  • 奢る平家に二代なし

驕る平家は久しからずを使った文章・例文

  1. あの会社はバブルに乗って勢力を一気に強めていったが、調子に乗って規模を拡大しすぎて破綻した。奢る平家は久しからずとはまさにあの会社のことだ。
  2. 奢る平家は久しからずと胸に刻んで、今はうまくいっていたとしても調子に乗らないことが大切だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ