「適材適所」とは?意味や使い方を解説!

「適材適所」という熟語を一度は耳にしたことがあると思います。覚えておくととても便利な言葉です。今回は「適材適所」の意味・使い方・例文などを紹介します。

目次

  1. 適材適所
  2. 適材適所とは
  3. 適材適所の語源
  4. 適材適所の使い方・例文

適材適所

この記事では「適材適所(てきざいてきしょ)」について解説させていただきます。

みなさんは適材適所という言葉を聞いたことはありますか?四字熟語はあまり日常生活の中で使うことが少ないため、初めて聞いたという方もいるかもしれません。

しかし、四字熟語はその文字数の少なさからも、意味や使い方をしっかりと抑えておけば非常に汎用性の高い言葉の一つとなっています。

この言葉を初めて聞いたという方もそうでない方もこの記事を参考に理解を深めていきましょう。

適材適所とは

まず適材適所の読み方は「てきざいてきしょ」となります。
特別難しい感じが含まれているわけではないので間違えないようにしっかり覚えましょう。

意味は「その人自身の能力や性格、個性などをもとに、その能力が最も発揮される地位や職場に就かせること」となっています。

適材適所の類語

適材適所の類語としては
・おあつらえ向き
・水を得た魚
・人心掌握
などが挙げられます。

適材適所の語源

適材適所の語源は、古くからある建物や神社などの建築現場における木材の使い方から来ています。

そのため、適材適所の「材」というのは「木材」のことを表しているのです。

適材適所の使い方・例文

適材適所の例文についてご紹介させていただきます。

1.あの人を建築部署から営業部署に移した判断はまさに適材適所だった。今は本当に生き生きとしている。
2.人には千差万別な性格がある、だからこそ人には適材適所というものがあるのだ。
3.適材適所とは言うが、社会に出たら明らかに不得意だと思われる仕事でもやらされるのが世の常だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ