「アシスト」とは?意味や使い方を解説!

「アシスト」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「アシスト」について解説します。

目次

  1. アシスト
  2. アシストとは
  3. アシストとサポートの違い
  4. アシストの使い方・例文

アシスト

この記事では「アシスト」について解説させていただきます。

みなさんはアシストという言葉を日常生活の中で使ったことはありますか?サッカー経験がある方であれば、特に使ったことがある人が多いのではないでしょうか?
相手のことをアシストするという使い方が一般的ですが、実際にアシストという言葉にはどんな意味があるのか考えたことがありますか?

もし、曖昧に使っていた方がいればこの記事を参考に理解を深めていきましょう。

アシストとは

まずアシストには「他人のやっている行為などを手助けする」という意味があります。

サッカーでよく使われるアシストの意味は、シュートを決めた選手に対して理想的なパスを出した人のことを指します。サポートをすると似た意味がありますが、明確な違いについては次の見出しで説明させていただきます。

また、テレビなどでよく見るADと呼ばれる人たちはアシスタントディレクター(assistant director)の略であり、その名の通りディレクターつまり監督の望む結果を出すために手助けをする人たちのことです。ただ、気を付けていただきたいとは、ADにはアシスタントディレクターという略称以外に、役職としてアートディレクターなどもありますので注意しましょう。

アシストは英語では『assist』と表されます。assistの日本語訳も手助けするという意味があり、使い方には大きな違いはありません。

アシストとサポートの違い

アシストとサポートの違いについてですが、もう一つ似たような意味の言葉に「ヘルプ」という言葉もあります。

これらの違いとしては手助けの程度を表しており、ヘルプとはしっかりと助けてくれる様子、アシストは相手が出来ないところだけを助けてあげる様子、サポートがあくまで間接的に手助けするという様子となります。

アシストの使い方・例文

アシストの例文についてご紹介させていただきます。

1.後輩の仕事をアシストする。
2.あのサッカー選手のアシストは本当に素晴らしい。
3.私は誰からのアシストも受けない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ