「可愛い子には旅をさせよ」とは?意味や正しい使い方を解説!

「可愛い子には旅をさせよ」ということわざを一度は耳にしたことがあると思います。覚えておくととても便利な言葉です。今回は「可愛い子には旅をさせよ」の意味・使い方・例文などを紹介します。

目次

  1. 可愛い子には旅をさせよ
  2. 可愛い子には旅をさせよとは
  3. 可愛い子には旅をさせよの使い方・例文

可愛い子には旅をさせよ

可愛い子には旅をさせよ(かわいいこにはたびをさせよ)」という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。
覚えておくと便利な言葉ですよ。
ここでは、「可愛い子には旅をさせよ」の意味や類語、反対語などを詳しく解説していきます。

可愛い子には旅をさせよとは

「可愛い子には旅をさせよ」とは、「自分の子供が大切で可愛いのであれば、自分の手元において甘やかすのではなく、社会の辛さや厳しさを経験させた方がよい」という意味があります。
昔の旅は、現代のように交通機関が発達していたわけではありません。移動手段は馬か徒歩くらいしかなかった昔では、旅とは容易なものではありませんでした。しかし、その経験が子供にとっていい経験になり、子供を成長させるということです。

>

可愛い子には旅をさせよの類語

「可愛い子には旅をさせよ」の類語には、このようなものがあります。
・獅子の子落とし
・いとしき子には杖で教えよ
獅子の子落としという言葉は、獅子が生まれた子を谷の底に落としよじ登ってきた強い子だけを育てるという言い伝えからできました。獅子は、生まれた瞬間から「可愛い子には旅をさせよ」を実行しているんですね。しかし、弱肉強食の世界では当たり前なのかも知れません。

可愛い子には旅をさせよの反対語

「可愛い子には旅をさせよ」の反対語には、このようなものがあります。
・親の甘いは子に毒薬
・親の甘茶が毒になる
2つとも甘やかして育てたら、将来的にこどものためにならないという意味です。甘やかすことにより、世間知らずで何もできないといったような大人になってしまうので、甘やかすだけはいけませんね。

可愛い子には旅をさせよの使い方・例文

  1. 可愛い子には旅をさせよと言うので、子供を全寮制の学校へ進学させた。
  2. 可愛い子には旅をさせよという言葉を実践していたので、うちは親離れが早かった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ