「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」とは?意味や使い方を解説!

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」ということわざを一度は耳にしたことがあると思います。覚えておくととても便利な言葉です。今回は「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」の意味・使い方・例文などを紹介します。

目次

  1. 聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥
  2. 聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥とは
  3. 聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥の使い方・例文

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥(きくはいっときのはじ、きかぬはいっしょうのはじ)」という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。
覚えておくと便利な言葉ですよ。
ここでは、「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」の意味や類語、使い方を詳しく解説していきます。

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥とは

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」には、「知らない事は恥ずかしがったり知ったかぶりをするのではなく、素直に聞いて学ぶべき」という意味があります。
知らない事を人に聞くのはその時は恥ずかしいことでも、聞かずに一生その物事を知らないまま過ごす方が恥ずかしいということです。
就活や仕事などで恥をかく前にわからないと思っていることをそのままにせず、積極的に人に尋ねるのが良さそうですね。就活のアドバイスサイトなどでは、多くこの言葉が用いられています。

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥の類語

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」の類語にはこのようなものがあります。
・問うは一時の恥、問わぬは末代の恥
・知らずば人に問え
問うは一時の恥、問わぬは末代の恥という言葉の末代とは、子孫を表している言葉ではありません。末代とは、死んでからの後の世という意味があり、よく間違われるので注意してください。知らずば人に問えは、そのままの意味で知らない事は人に聞いた方が良いという意味です。

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥の使い方・例文

  1. 聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥なので、仕事でわからなかった事を上司に聞いた。
  2. 授業中にわからないことをそのままにしておくのは、聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ