「予定調和」とは?意味や使い方を解説!

「予定調和」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「予定調和」について解説します。

目次

  1. 予定調和
  2. 予定調和とは

予定調和

皆さんは、「予定調和(よていちょうわ)」という言葉を聞いたことがあっても意味はわからないという人が多いと思います。
覚えておくと便利な言葉ですよ。
ここでは、「予定調和」の意味や英語、類語などを詳しく解説していきます。

予定調和とは

「予定調和」とは、「世界の秩序は、あらかじめ神が定めた結果だとする学説」です。また、「舞台や映画、政治など社会で起こる物事が予想する流れに沿って動き、結果まで予想通りである」という意味もあります。
「予定調和」の学説は、ドイツの哲学者であるゴットフリート・ライプニッツが唱えたものです。ライプニッツは、哲学者だけでなく、数学者としても有名な人物です。

予定調和の英語

「予定調和」を英語で言うと、「Pre-established harmony」となります。しかし、これは学説の名前であり、文章の中で使うには適していません。なので、文章の中で使用するならば「Things happen as expected.」とした方がいいかもしれません。

予定調和の類語

「予定調和」の類語には、このようなものがあります。
・神の見えざる手
・示し合わせ
神の見えざる手は、アダム・スミスが唱えた国富論の第4編第2章に現れる言葉で、市場において個人の利己的な行動が社会全体の利益になるということを意味しています。神が導くものという考えでは、「予定調和」と似ているといえるかもしれません。

予定調和の例文・使い方

  1. 政治家たちが討論をしているが、結局は予定調和に法案は進む。
  2. 日常は、ドラマや映画のように予定調和の世界ではない。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ