「怪我の功名」とは?意味や類語を解説!

「怪我の功名」ということわざを一度は耳にしたことがあると思います。覚えておくととても便利な言葉です。今回は「怪我の功名」の意味・使い方・例文などを紹介します。

目次

  1. 怪我の功名
  2. 怪我の功名の意味とは
  3. 怪我の功名の由来
  4. 怪我の功名の類義語・対義語
  5. 怪我の功名を使った文章・例文

怪我の功名

「怪我の功名」という言葉の意味や類義語、由来について解説します。

日常生活でよく使う言葉ですが、皆さんは怪我の功名という言葉をご存知でしょうか。

意味は広く知られていますが、類義語や由来まではあまり知られていません。

知っていると、会話の幅が広がるのでこの機会に怪我の功名という言葉について深く知っていきましょう。

怪我の功名の意味とは

怪我の功名とは、「失敗や過失、または何気なくしたことが偶然に良い結果をもたらすこと。」という意味を持ちます。

よく、「怪我の巧妙」や「怪我の光明」と書く人がいますが、これは間違いです。

意味を知っていると、漢字も間違えにくいので覚えておくと良いでしょう。

怪我の功名の由来

怪我という文字は、当て字から来ています。

今では、物理的に負傷した際に使いますが、元々は過失や偶然の負傷のことを指していました。

功名は、昔は「高名」と書き高い評判という意味でしたが、次第に手柄という意味を持つようになりました。

怪我の功名の類義語・対義語

怪我の功名の類義語は以下になります。

  • 過ちの功名
  • 怪我勝ち
  • 怪我のひり当たり
  • 雨降って地固まる
  • 災い転じて福となす
  • 禍を転じて福と為す
  • 塞翁が馬
  • 結果オーライ
禍を転じて福と為すの「禍」とは、「喜ばしくない事柄。不幸を引き起こす原因。」という意味です。

怪我の功名の対義語に該当する言葉はありません。

怪我の功名を使った文章・例文

  1. あのロングセラー商品は、開発者が実験段階で失敗した際に偶然できた代物で、まさに怪我の功名だ。
  2. 怪我の功名で意外な発見ができた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ