「ベーカリー」とは?意味や使い方を解説!

「ベーカリー」という言葉をご存知でしょうか。パンに関連する言葉であるとわかっても意味は正確には知らないという方は多いものです。このように聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ベーカリー」について解説します。

目次

  1. ベーカリー
  2. ベーカリーの意味とは
  3. 「Boulangerie」と「Bakery」の違いとは
  4. ベーカリーを使った文章・例文

ベーカリー

「あそこのベーカリーは最高のパンが売ってある」「これほどベーカリーが増えた理由はパン食化が原因である」のように聞かれる言葉ですが、果たしてベーカリーとは?

それに、この言葉は英語なのでしょうか?

この言葉の意味を調べて理解し、正しい使い方を身につけましょう。

ベーカリーの意味とは

ベーカリーとは、「パンや洋菓子類を製造し、販売する場所」を意味します。

では、パン屋であるから、ベーカリーとパン屋は同じなのか?という疑問を持ちますが、その通りです。

パン屋とベーカリーという言葉の理解において違いは日本ではないのが事実です。

ベーカリーとは英語の言葉で、「Bakery」と読みます。

そして、日本のパンという言葉はもともとポルトガル語の「pão」から日本人に使われるようになった言葉です。

そこで、パン屋となりますが、違いを言うのなら、パン屋はただ、パンを売っているところもパン屋と呼ばれます。

ベーカリーはパンも製造しているという点で違いがあると言えます。

 

「Boulangerie」と「Bakery」の違いとは

では、「Bakery」と同じく、日本でも見られるスペルが複雑な「Boulangerie」は何でしょうか?カフェのできるパン屋さんのことでしょうか?あと何語なのか?

「Boulangerie」はフランス語で、ただのパン屋とは言い表せない言葉です。

確かにパンを売っているパン屋ですが、この名を使用するにはフランスの法律で定められておりフランスのパン職人がこだわりで厳選した小麦からパンを作り売る場所を意味します。

日本ではブーランジェリーカフェとして、おいしいコーヒーと出来立てのパンを食べれるブレークファーストスポットとして人気があります。

それで、違いは英語かフランス語かと日本の場合はそのように理解できます。

ただ、ブーランジェリーはスペルを間違いそうなので書く時は気をつける必要があります。

ベーカリーを使った文章・例文

  1. おいしいベーカリーを見つけました
  2. 朝は必ずベーカリーに行って一日を始めます
  3. ベーカリーが増えてきてはいるが、私はご飯と味噌汁派です

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ