「万物流転」とは?意味や使い方を解説!

「万物流転」という熟語を一度は耳にしたことがあると思います。覚えておくととても便利な言葉です。今回は「万物流転」の意味・使い方・例文などを紹介します。

目次

  1. 万物流転
  2. 万物流転の意味とは
  3. 万物流転の類語・英語
  4. 万物流転を使った文章・例文

万物流転

万物流転(ばんぶつるてん)」という言葉は、高校の倫理の授業などで聞いたことがある人もいるかもしれません。日常会話の中で使う頻度が高い言葉ではありませんが、意味を知ってポイントを押さえた使い方をできると、会話に深みが増す言葉です。

この記事では「万物流転」の使い方や例文、英語の表現や類語について解説します。

 

万物流転の意味とは

「万物流転」は「ばんぶつるてん」と読み、意味は「この世に存在する全てのものは同じ状態にとどまり続けることはなく、変わり続ける」ことを表しています。

「万物流転」は古代ギリシャの哲学者ヘラクレイトスによって唱えられた概念です。ヘラクレイトスは「誰も同じ川に二度入ることはできない」という言葉で、「万物流転」を表しています。

日本でよく使われる、「万物流転」に似た言葉として「諸行無常(しょぎょうむじょう)」があります。「世ははかないものである」ことを伝えるためにお釈迦様が言った言葉で、「万物流転」と「諸行無常」はほぼ同じ意味ですね。

なお、「流転」はあまり馴染みのない言葉ですのでよく使う「逆転」などとしないようにしましょう。「逆転」としてしまうと、本来の意味が通らなくなってしまします。

万物流転の類語・英語

万物流転の類語

  • 諸行無常
  • 生々流転

万物流転の英語

everything flows

万物流転を使った文章・例文

  1. 万物流転を前提にして物事を考えていくと、現在のことだけにとらわれない柔軟な発想でビジネスを進めていくことができる。
  2. 万物は流転すると言うから、今がどんなに苦しかったとしても必ず光りが射す時がくる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ