「三人寄れば文殊の知恵」とは?意味や使い方を解説!

「三人寄れば文殊の知恵」ということわざを一度は耳にしたことがあると思います。覚えておくととても便利な言葉です。今回は「三人寄れば文殊の知恵」の意味・使い方・例文などを紹介します。

目次

  1. 三人寄れば文殊の知恵
  2. 三人寄れば文殊の知恵の意味とは
  3. 三人寄れば文殊の知恵の類語・対義語
  4. 三人寄れば文殊の知恵を使った文章・例文

三人寄れば文殊の知恵

「三人寄れば文殊の知恵」ということわざの意味や対義語、類語について解説します。

読み方は、「さんにんよればもんじゅのちえ」となります。

日常生活で使う場面が多く、よく耳にすることわざですが、皆さんはご存知でしょうか。

意味は広く知られていますが、類語や対義語まではあまり知られていません。

類語や対義語を知っておくと、語彙が豊富になり会話の幅が広がります。

この機会に、三人寄れば文殊の知恵ということわざについて深く知っていきましょう。
 

三人寄れば文殊の知恵の意味とは

三人寄れば文殊の知恵(さんにんあつまればもんじゅのちえ)の意味は、「凡人であっても三人集まって考えれば素晴らしい知恵が出るという例え」になります。

文殊とは、知恵をつかさどる菩薩のことで、凡人でも三人集まって相談すれば文殊にも劣らない知恵が出せるということを表します。

文殊は、菩薩の一人ですが、文殊を菩薩を言い換えるのは間違いになります。

また、凡人が集まるという意味なので会議などの目上の人がいる場面で使う際には注意が必要です。
 

三人寄れば文殊の知恵の類語・対義語

三人寄れば文殊の知恵の類語は以下になります。

  • 三人にして迷うことなし
  • 三人寄れば師匠の出来
  • 衆力功あり
  • 一人の好士より三人の愚者
  • 一人の文殊より三人のたくらだ

一方、対義語は以下になります。
  • 三人寄っても下種は下種
三人寄っても下種は下種とは、下種は三人集まっても菩薩のようにはなれないという意味です。

三人寄れば文殊の知恵を使った文章・例文

  1. 一人ではなかなか進められなかったが、三人寄れば文殊の知恵で、みんなで考えたら良い企画が生まれた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ