「ロマンス 」とは?意味や使い方を解説!

「ロマンス」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ロマンス」について解説します。

目次

  1. ロマンス
  2. ロマンスの意味とは
  3. ロマンスの類語
  4. ロマンスを使った文章・例文

ロマンス

「ロマンス」という言葉の意味や類語、例文について解説します。

英語では、romanceと書きます。

本来の意味の他に、オタ芸の振り付けを指す言葉としても使われています。

また、音楽用語としても使われています。

さまざまな意味を持つロマンスという言葉についてこの機会に、深く知っていきましょう。

ロマンスの意味とは

ロマンス(romance)とは、「男女間の愛情に関する話。または事件。現実にはめったにないような物語。怪奇小説。特に、ヨーロッパの武勇や恋愛などを用いた物語。」という意味になります。

もともとは、ラテン語の俗化したロマンス語で書かれた物語のことを指していました。

また、音楽用語としては、「叙情的な歌曲。あるいは、小規模な器楽曲。」という意味を持ちます。

ロマンス音楽という言い方もあります。

また、オタ芸にもロマンスという振り付けがあり、これはオタ芸の基本となります。

両手にサイリュームを持ち、腕を円を描くように振ることをロマンスと言います。

ロマンスの類語

  • 性愛
  • 色模様
  • 情事
  • 粋な恋
  • 痴話
  • あだ事
  • 艶事

ロマンスを使った文章・例文

  1. 有名人同士のロマンスの話題は、夢があって憧れる。
  2. 美しい恋のロマンスは、見ている方も癒される。
  3. 余興でオタ芸をすることになり、基本となるロマンスを練習しているが、簡単そうに見えて意外と難しい。
  4. アイドルのコンサートで、ロマンスをしたら隣の客に怒鳴られた。
  5. オタ芸のロマンスは、団体芸的な要素もあるのでコンサートでは決まったタイミングで合わせてやった方がいい

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ