「ロマン」とは?意味や使い方を解説!

「ロマン」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ロマン」について解説します。

目次

  1. ロマン
  2. ロマンの意味とは
  3. ロマンの類語
  4. ロマンの語源
  5. ロマンを使った文章・例文

ロマン

「ロマン」という言葉の意味や類語、語源などについて解説します。

英語では、「roman」と書きます。

よく、ロマンがある。ロマンチックなどと言うことがありますが、皆さんは正しい意味をご存知でしょうか。

こんな意味だろうと予想して使っている方もいるのではないでしょうか。

曖昧な解釈で使ってしまうと、誤解を招く恐れがあるのでこの機会にロマンという言葉について深く知っていきましょう。

ロマンの意味とは

ロマン(roman)とは、「小説。特に、長編小説。理想的、感情的に物事をとらえることで、夢などに強烈な憧れと理想を持つこと」という意味です。

日本では、後半の理想的に物事をとらえること。夢や冒険に強い憧れを持つことという意味で用いられることが多いです。

ロマンがある。という使い方をします。

浪漫とも書きます。

ロマンの類語

  • 夢物語
  • 憧れ
  • 希望
  • 高嶺の花
  • 思慕
  • まぶしい存在
  • ロマンチック
  • 浪漫

ロマンの語源

ロマンの語源は、フランス語のromanからきています。

ロマンスも同じ意味で、こちらは英語になります。

中世ヨーロッパでは、ロマンス語で書かれた小説をroman、romaceと呼びました。

ロマンを使った文章・例文

  1. ロマンがある映画は、観ている人に勇気や希望を与えてくれる。
  2. 男はロマンだと言うけれど、理想論ばかり語られると現実味がなくて苛立ってしまう。
  3. 有名人同士の熱愛報道は、ロマンがあってワクワクする。
  4. 私は、人間的は抒情を描いた映画よりもロマンあふれる映画の方が好みだ。
  5. ロマンがあることを言うと、場を白けてさせてしまうことがあるから注意しよう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ