「少年老い易く学成り難し」とは?意味や使い方を解説!

「少年老い易く学成り難し」ということわざを一度は耳にしたことがあると思います。読み方も見た目ほど難しくなく、また覚えておくとためになる言葉でもあります。今回はそんな「少年老い易く学成り難し」の意味・使い方・例文などを紹介します。

目次

  1. 少年老い易く学成り難し
  2. 少年老い易く学成り難しの意味とは
  3. 少年老い易く学成り難しの類語・英語
  4. 少年老い易く学成り難しを使った文章・例文

少年老い易く学成り難し

少年老い易く学成り難し(しょうねんおいやすくがくなりがたし)」という言葉をご存知でしょうか。

意味も多くの人が日常的に考えていたり感じていたりすることで、読み方も決して難しくはありませんが、なぜか使われる機会の少ないこの言葉。「少年」でなくとも是非心に刻んでおきたい言葉です。

少年老い易く学成り難しの意味とは

少年老い易く学成り難し(しょうねんおいやすくがくなりがたし)とは、「まだ若いと思って勉強しないでいたら、すぐに年月は過ぎてしまうものだ」という意味になります。

「若いうちにもっと勉強しておけばよかった」という感情や言葉の元祖とも呼ぶべきことわざで、同時に学問を修めるのは容易ではないから若いうちから時間をかけておくべきだという二つの教訓が込められています。

また当然ですが、ここでいう少年とは男子のみを指すものではなく、男女両方を指します。

少年老い易く学成り難しの類語・英語

類語には「光陰矢の如し(こういんやのごとし)」が挙げられます。共に、月日が経つのは本当に早いものだから無駄に過ごすことがないようにしよう、という教訓が込められています。

また英語では「time flies(時間は飛び去ってしまう)」や「The day is short, and works is too much(一日は短くやることは多い)」などの表現があります。

「光陰矢の如し」とは?意味や使い方を解説! | 意味解説

少年老い易く学成り難しを使った文章・例文

  1. 若い頃の自堕落が祟って、まともな知識もないまま年を重ねてしまった。これぞまさに少年老い易く学成り難しだ。
  2. 父は私が幼い頃から、少年老い易く学成り難しと言って聞かせ、とにかく将来に困らないよう必死に勉強をさせた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ