「将を射んと欲すれば先ず馬を射よ」とは?意味や類語を解説!

「将を射んと欲すれば先ず馬を射よ」ということわざを一度は耳にしたことがあると思います。このことわざの意味はなかなか興味深いものです。では、正確な意味は何でしょうか?今回は「将を射んと欲すれば先ず馬を射よ」の意味・使い方・例文などを紹介します。

目次

  1. 将を射んと欲すれば先ず馬を射よ
  2. 将を射んと欲すれば先ず馬を射よの意味とは
  3. 将を射んと欲すれば先ず馬を射よの類語
  4. 将を射んと欲すれば先ず馬を射よを使った文章・例文

将を射んと欲すれば先ず馬を射よ

将を射んとする者はまず馬を射よの通り、周りの人の気持ちをまず理解しなければいけない」と言われても何を言っているのでしょうか?と疑問を持つことがあったかもしれません。

これは、ことわざであるに違いありませんが、意味は何でしょうか?

類語や例文を調べることで正確な理解を得ることができます。

将を射んと欲すれば先ず馬を射よの意味とは

このことわざの意味は、「相手を征服するには、その相手が頼みとしているものを崩してからでなければ征することはできない」という意味のことわざです。

さらに、このことわざには、大将を倒すには大将が乗っている馬を射ることさえできれば大将そのものをも制することができるという意味合いもあります。

それで、同じような表現として「将を射んとする者はまず馬を射よ」という表現もあります。

これも、同じように先ずは周りから取り組むことが解決のための近道になるという意味合いがあります。

このような表現は主にビジネスなどで用いられるかもしれない表現です。

この意味の応用が現代の用法となっているわけです。

将を射んと欲すれば先ず馬を射よの類語

ここで、意味をより把握するために幾つかの類語を調べてみましょう。

  1. 外堀を埋める
  2. 将を射んとする者はまず馬を射よ
  3. 人を射んとする者はまず馬を射よ

将を射んと欲すれば先ず馬を射よを使った文章・例文

  1. 外堀を埋めると、将を射んと欲すれば先ず馬を射よは同じ意味である
  2. この会議では、将を射んと欲すれば先ず馬を射よとあるとおり周りの重役の関心を引き起こすことが重要だ
  3. このビジネスで失敗したのは、将を射んと欲すれば先ず馬を射よとあるとおり、結果を得ることに急いでしまって周りへの根回しが不足していた

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ