「シェア」とは?意味や使い方を解説!

「シェア」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「シェア」について解説します。

目次

  1. シェア
  2. シェアの意味とは
  3. シェアを使った文章・例文

シェア

「シェア」という言葉の意味や使い方について解説します。

最近、多くの人が日常会話でも頻繁に使うようになりましたが、皆さんはシェアという言葉の正しい意味をご存知でしょうか。

複数の意味があり多様性のある言葉でもあります。

英語では、「share」と書きます。

さまざまな使われ方がありますが、若者は「○○をみんなでシェアする」といった表現をすることが多いです。

文脈からどの意味なのかを理解できるよう、この機会にシェアという言葉について深く知っていきましょう。


 

シェアの意味とは

シェアとは、「分担する。共有する。」という意味を持ちます。

最近は、共有するという意味で使われることが多いです。

IT用語にもシェアという言葉が存在し、そこでは「製品やサービスの市場占有率。」という意味で用いられます。

また、英語での本来のshareの意味は、「(一人が持つ)分け前。取り分。(一人が持つ費用、仕事、責任などの)出し分、割り当て、負担。」などになります。

場面によって異なった意味で用いられる言葉なので、文脈からどの意味なのかを理解できるようにしたいところです。

シェアを使った文章・例文

  1. ピザはLサイズを頼んだからみんなでシェアして食べよう。
  2. 柿の種は、A社が70パーセントのシェア率でダントツ一位を誇る。
  3. 焼き魚はシェアしにくいので、大人数で居酒屋へ行ったときには頼まない方が良い。
  4. 会社で1つのパソコンを複数人でシェアするときは、私的なデータを残さないことがマナーだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ