「過渡期」とは?意味や使い方を解説!

「過渡期」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「過渡期」について解説します。

目次

  1. 過渡期
  2. 過渡期とは
  3. 過渡期の使い方・例文

過渡期

過渡期(かとき)」という言葉を目にしたことがある人も多いと思います。日常的にもよく使われる言葉ですよね。

この記事ではこの「過渡期」について、意味や読み方、反対語などを詳しく解説していきます。
意味を知らなかった人はこの機会にぜひ覚えていってくださいね。

過渡期とは

「過渡期」とは「古い状態から新しい状態に変化していく過程の時期」を意味する言葉です。
読み方は「かどき」ではなく「かとき」です。ぱっと見で「かどき」と間違われることが多いですが「かとき」が正しい読み方です。

たとえば長年勤めていた職場を離れる人がいたとします。
その後に新しい職場に勤める場合、その新しく仕事を探している期間のことを「過渡期」と呼びます。
「過渡期」はあくまでも「移り変わりの途中」を示しているので、このとき次の仕事が決定して勤め始めると「過渡期」ではなくなります。

「過渡期」の同義語として「転換期」という言葉もあります。
「転換期」は「物事が移り変わろうとする時期」を意味する言葉です。

過渡期の反対語

「過渡期」の反対語は以下のようなものが挙げられます。

  • 安定期
  • 最盛期
「過渡期」は「状態が変化している」という意味なので、「状態が安定している」「一番盛り上がっている状態」などの意味とは反対となります。

過渡期の使い方・例文

「過渡期」の使い方や例文は以下のようになります。

  1. 現在の音楽業界はCDという媒体からストリーミングという媒体への過渡期にあると言える。
  2. 過渡期を迎えるのは不安がつきまとうものだが、将来のことを考えると必要なものである。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ