「ラディカル」とは?意味や使い方を解説!

「ラディカル」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ラディカル」について解説します。

目次

  1. ラディカル
  2. ラディカルの意味とは
  3. ラディカルの反対語・対義語
  4. ラディカルを使った文章・例文

ラディカル

「ラディカル」という言葉の意味や対義語などについて解説します。

ラジカルとも言います。

英語では「radical」と書きます。

あまり耳馴染みのない言葉ですが、皆さんは意味をご存知でしょうか。

さまざま意味があり多様性のある言葉です。

知っておくと便利で、ビジネスの場や日常生活でさらっと使うことができるとカッコいい言葉です。

この機会にラディカルという言葉について深く知っていきましょう。

ラディカルの意味とは

ラディカル(ラジカル)とは、英語で「過激な様。急進の。急進的な。革命のような。根本的な。抜本的。基礎の。基の。根の」という意味を持ちます。

このように、複数の意味があり使い方もさまざまです。

一般的には、急進的な。過激な。という意味合いで使われることが多いです。

また、急進主義のことをラディカリズムといいます。

政治的な事柄に対して用いられることが多い言葉になります。

ラディカルの反対語・対義語

ラディカル(radical)という言葉の反対語・対義語は以下になります。

  • moderate
  • temperate
  • sensible
radicalの「過激」という意味に対して、これらの単語は「穏健」という意味を持ちます。

穏健とは、穏やかで行き過ぎや誤りがないことという意味です。

ラディカルを使った文章・例文

  1. ラディカルな政治的思想を持つ友人は、政治とは関係のない話をしていても最終的に政治の話に持って行く。
  2. 政治家のラディカルな言動は、非難の対象になることが多いがその分話題になるので、人々がその事柄について考えるきっかけになる。
  3. あの人は、ラディカルな発言をすることもあるが常識的な感覚を持ち合わせているので説得力がある。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ