「パワーワード」とは?意味や使い方を解説!

SNSやネット掲示板などでよく見かける「パワーワード」という言葉があります。昔からよく使われる言葉のため覚えておくと便利です。今回は「パワーワード」について解説していきます。

目次

  1. パワーワード
  2. パワーワードの意味とは
  3. パワーワードを使った文章・例文・使い方

パワーワード

「パワーワード」という言葉の意味や使い方について解説します。

一般的にはあまり使われる機会が少ないですが、皆さんはパワーワードという言葉をご存知でしょうか。

英語では、「power word」と書きます。

主に、ネットスラングとして用いられている言葉になります。

呼んで字のごとくで、難しい意味を持つ言葉ではありません。

この機会にパワーワードという言葉について深く知っていきしょう。

パワーワードの意味とは

パワーワード(power word)とは、「力のある言葉。インパクトのある言葉。」という意味を持ちます。

影響力のある言葉という意味合いもありますが、前向きでポジティブな影響だけなく、ネガティブな影響力を持つ言葉を指す場合もあります。

力を意味する(power)と言葉を意味する(word)を組み合わせた言葉なので、理解しやすいかと思います。

自己啓発セミナーやビジネスの場、はたまた政治の場と幅広い場面や意味合いで用いられる言葉です。

今では、ネットスラングとして流行しています。

テレビ番組の中で出演者が言い放った言葉が名言だったときなどに、「あれはパワーワードだった。」というような表現をします。

単純な単語の組み合わせであることから、20世紀初頭頃の書籍にも使われていた歴史のある言葉でもあります。

 

パワーワードを使った文章・例文・使い方

  1. 医療ドラマが好きな私にとってのパワーワードは、「私、失敗しないので。」である。
  2. 政治家の「自民党をぶっ壊す」発言は、今思うとパワーワードだった。
  3. 女子高生が「まじ卍」と言っているのを始めて聞いて、そのインパクトの大きさから私の中でパワーワードとなった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ