「フィーリング」とは?意味や使い方を解説!

「フィーリング」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「フィーリング」について解説します。

目次

  1. フィーリング
  2. フィーリングの意味とは
  3. フィーリングの英文
  4. フィーリングを使った文章・例文

フィーリング

恋愛の話の際などによく用いられる「フィーリング」という言葉があります。

聞いたことはあるが、正確な意味を知らないという人は少なくないと思います。

今後、間違って使ってしまわないためにも、しっかり覚えておきましょう。

今回は「フィーリング」について解説していきます。

フィーリングの意味とは

「フィーリング」とは「直感的な出来事や物事、相手に対する感情」です。

元々は英語であり「feeling」と書きます。

何かに対して漠然と感じる気持ちを表します。

他にも「感情・印象・気持ち・雰囲気」などの意味で使用されることもあります。

「フィーリングが合う」や「フィーリングで選択する」などのように使用されることが多いです。

文章内に「フィーリング」という言葉があるときは、言葉の通りフィーリングと文脈で意味を考えましょう。

フィーリングの英文

  • Choose clothes with feeling(フィーリングで服を選ぶ)
  • I understand your feelings(お気持ちはわかります)
  • That man seems to be feeling good(あの男性はフィーリングが合いそうだ)
    

フィーリングを使った文章・例文

  1. フィーリングでお見合いの相手を選ぶ。
  2. 今日のコーディネートのテーマは特になく、フィーリングで決めました。
  3. 今の恋人はフィーリングがとても合う。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ