「控えめに言って〜」とは?意味や使い方を解説!

SNSやネット掲示板などでよく見かける「控えめに言って〜」という言葉があります。昔からよく使われる言葉のため覚えておくと便利です。今回は「控えめに言って〜」について解説していきます。

目次

  1. 控えめに言って〜
  2. 控えめに言って〜の意味とは
  3. 控えめに言って〜を使った文章・例文

控えめに言って〜

SNSやネット掲示板などで「控えめに言って〜」という文章を見たことがあるかと思います。

最近ではすっかり浸透した「控えめに言って〜」ですが、意味をしっかり理解していないと間違って訳してしまったり、間違った使い方をしてしまう恐れがある言葉です。

意味をしっかり覚えて使用する必要があるため、この記事で覚えてしまいましょう。

今回は「控えめに言って〜」について解説していきます。

控えめに言って〜の意味とは

「控えめに言って〜」とは「誇張するわけではなく、最低限〇〇である」という意味。

例えば、「控えめに言って可愛い」という文章は、「どんだけ最低限な表現をしても可愛い」という意味になります。

どんなに抑えても可愛い、可愛いという表現だけでは表せないという意味になります。

有名な文章としては「控えめに言って最高(かよ)」、「控えめに言ってゴミ」などが存在します。

「控えめに言って〜」がネット用語として乱用された際に「全然控えることがない」と話題にもなりました。

「控えめに言って〜」の元ネタ

「控えめに言って〜」がネット用語として流行った元ネタは、荒木飛呂彦先生の「ジョジョの奇妙な冒険」で「俺は控えめに言ってもミケランジェロの彫刻のように美しい」というセリフが書かれたことです。

そのセリフがネット上で大きな反響を呼び、「控えめに言って〜」という定型的なものが出来上がりました。

控えめに言って〜を使った文章・例文

  1. 新作のアニメが控えめに言って最高
  2. この服控えめに言って可愛いすぎる
  3. 俺は控えめに言ってもミケランジェロの彫刻のように美しい

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ