「かしづく」とは?意味や使い方を解説!

「かしづく」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「かしづく」について解説します。

目次

  1. かしづく
  2. かしづくの意味とは
  3. かしづくの類語
  4. かしづくを使った文章・例文

かしづく

意味を知られていない言葉として「かしづく」という言葉があります。

漢字では「傅く」と書き「かしずく」とも読みます。

「かしづく」という言葉はよく目にしたり、耳にしたりしますが、意味を知っている人はほとんどいない現状です。

普段使わない人も意味を覚えておくととても便利なため、しっかり覚えておきましょう。

今回は「かしづく」について解説していきます。

かしづくの意味とは

「かしづく」とは「世話をする・保護して大切に育てる」という意味です。

人に支えて世話をするという意味や、子供や動物を育てるという意味で使用されます。

一般用語として使われることもありますが、基本的には古文などの単語として目にすることが多い単語です。

かしづくの類語

  • 仕える
  • 献身する
  • 保護する など

かしづくを使った文章・例文

かしづくの例文を紹介します。

  1. 「我は命を譲りてかしづきて」ー私の命を持って保護します。(源氏物語)

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ