「サービスエリア」と「パーキングエリア」の違いとは?それぞれの意味を解説!

「サービスエリア」と「パーキングエリア」の違いについて解説します。どちらも頻繁に使う表現です。しかし、「サービスエリア」と「パーキングエリア」の二つは同じような意味を持つ表現と勘違いされる方もおられるかもしれません。「サービスエリア」と「パーキングエリア」それぞれの意味を解説し、言葉の意味の違いにつ

目次

  1. 「サービスエリア」と「パーキングエリア」
  2. 「サービスエリア」と「パーキングエリア」の意味とは
  3. 「サービスエリア」と「パーキングエリア」の違いとは?

「サービスエリア」と「パーキングエリア」

高速道路を走っていると休憩所とされる「サービスエリア(SA)」もしくは「パーキングエリア(PA)」が必ず設置されています。

いずれかの休憩所に足を運んだことのある人がほとんどだと思いますが、みなさんは「サービスエリア」と「パーキングエリア」の違いがわかるでしょうか。

実は「サービスエリア」と「パーキングエリア」は名前が違うだけ、ということはありません。

今回は「サービスエリア」と「パーキングエリア」のそれぞれの意味について解説していきます。

「サービスエリア」と「パーキングエリア」の意味とは

サービスエリア

「サービスエリア」とは「高速道路内における、休憩所。駐車場、トイレに加えて売店、食堂、給油所などを備えた施設」です。

基本的には高速道路において、50km間隔で設置されます。

パーキングエリア

「パーキングエリア」とは「高速道路内における、休憩所。駐車場、トイレに加え、必要に応じて売店や食堂、給油所などを備えた施設」です。

基本的には高速道路において、15km間隔で設置されます。

「サービスエリア」と「パーキングエリア」の違いとは?

実は「サービスエリア」と「パーキングエリア」には明確な違いが存在しません。

駐車場やトイレしかない休憩所は「パーキングエリア」、駐車場やトイレに加え、食堂や売店などがある大型の休憩所が「サービスエリア」とされていますが、実際に売店や食堂が存在するパーキングエリアも多く存在します。

違いがあるとすれば設置間隔の差くらいしかありませんが、こちらも必ずしもSAは50km間隔でPAは15km間隔で設置されているわけではないため、違いと呼べるほどのものか定かではありません。


 

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ