「嵌める」とは?意味や使い方を解説!

「嵌める」という言葉をご存知でしょうか。よく聞くことはあってもいまいち意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「嵌める」について解説します。

目次

  1. 嵌める
  2. 嵌めるの意味とは
  3. 嵌めるの使い方

嵌める

嵌める(はめる)」という言葉をご存知でしょうか。
聞いたことあるけど、しっかりと意味を知っている人が多いのではないのでしょうか。

「はめる」という言葉は「嵌める」の他にも「填める」「篏める」「塡める」「食める」など様々な漢字が存在します。この記事ではそれぞれの「はめる」の意味についても解説していきます。

日常的に聞いたことはあるけど、しっかりと意味は分からず、同じ発音の漢字が多い「嵌める」という言葉について、この記事では解説していきます。

嵌めるの意味とは

嵌めるの意味は複数あり、日常的に使われるものを紹介します。

  1. 隙間や枠などのちょうど会うように物を入れ込むこと
  2. 騙して策略に乗せること
  3. ある条件の範囲内に入れること
  4. 袋や輪っかなどを被せること
  5. 身体の自由を妨げるものをつけること
などが「嵌める」の意味です。

「填める」「篏める」「塡める」も同様の意味があります。

ただし、「嵌める」と「篏める」は、鍵を嵌めるや罠に嵌めるなどで使われます。
「填める」と「塡める」は、弾丸を填めるなどで使われます。

「食める」は、文字の意味と同じで、食べるという意味があります。

嵌めるの使い方

  • 間違えて違う部室の鍵を借りてしまったので、鍵が嵌まらなかった。
  • ​​​友達の罠に嵌まった。
  • 最後の弾丸を銃に填めた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ