「リファレンス」とは?意味や使い方を解説!

「リファレンス」という言葉をご存知でしょうか。日常的にはあまり聞く言葉ではありませんが、IT関係で働いている人などは聞いたことがあるのではないでしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「リファレンス」について解説します。

目次

  1. リファレンス
  2. リファレンスの意味とは
  3. リファレンスの使い方・例文

リファレンス

IT用語として用いられることの多い「リファレンス」という言葉をご存知でしょうか。

プログラミングなどで使われることが多いこの「リファレンス」という言葉ですが、日常的に耳にすることが少ない言葉かと思います。

この記事ではそんな「リファレンス」という言葉について解説していきます。

リファレンスの意味とは

リファレンスは、英語で「reference」と表し、「参考・参照・照合」という意味があります。

referenceはリファレンスの他に「レファレンス」とも呼ばれたりします。

プログラミングでは主に「参照」という意味で使われることがほとんどです。

転職や採用などで「リファレンスチェック」という言葉があります。
この言葉は「就職者の経歴や人柄を以前の職場などに問い合わせること」を意味します。

ITの世界で、参照データのことを「リファレンスデータ」と表すことがあります。覚えておくと役にたつかもしれません。

上記以外に「リファレンスナンバー」は「整理番号」という意味があったり、「リファレンスバリュー」は「基準値」という意味があります。

リファレンスの使い方・例文

  • さっき送ったリファレンスデータを参考にして、会議用の資料作成しておいてね。
  • パソコンをリファレンスモデルで購入した。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ