「コスパ」とは?意味や使い方を解説!

「コスパ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「コスパ」について解説します。

目次

  1. コスパ
  2. コスパの意味とは
  3. コスパを使った文章・例文

コスパ

よく耳にする言葉の一つに「コスパ」という言葉が存在します。

一般的な会話から、ビジネスの場まで様々なシーンで使用される言葉であり、意味を理解しておくと便利です。

まだ意味を知らないという人は、この記事でしっかり覚えておきましょう。

今回は「コスパ」について解説していきます。

コスパの意味とは

「コスパ」とは「コストパフォーマンス」の略語です。

カタカナ語であり、英語では「cost performance」と表記します。

「コストパフォーマンス」とは「費用対効果」を指します。

支払ったコスト(費用)に対して、その対価として手に入るパフォーマンス(能力・成果)のことを意味します。

コストは「金銭・労働・時間・情報など」を指し、パフォーマンスは「結果」を指します。

例えば「この料理はコスパが良い」という文章は、料理をつくる材料費・労力(コスト)に対して、得られる料理の味(パフォーマンス)が高いということになります。

飲食店で使用される「コスパが良い」は単純に、値段(コスパ)に対して、料理の質(パフォーマンス)が高いという意味になるため、使用される場面によって多少の意味の差異が生じます。

コスパを使った文章・例文

  1. コスパが良いが、いまいち結果につながらない。
  2. この店はコスパが悪いことで有名だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ