「ビットコイン」とは?意味や違いを解説!

「ビットコイン」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ビットコイン」について解説します。

目次

  1. ビットコイン
  2. ビットコインの意味とは
  3. ビットコインと円やドルの違いとは
  4. ビットコインを使った文章・例文

ビットコイン

2017年は仮想通貨元年と言われ「ビットコイン」の話題を聞かない日はないほどでした。ビットコイン以外の仮想通貨にも注目が集まりましたが、やはり中心にあったのはビットコイン。

インターネット上での通貨や電子マネーとして使えることなど特徴がいくつかありますが、通貨の単位はBTCであるなど、わからないことも多いのがビットコインですね。

この記事では「ビットコイン」の意味や円やドルとの違いなどを解説します。

ビットコインの意味とは

「ビットコイン」とは、「インターネット上でやり取りされる仮想通貨の一種」のこと。数年前から存在していますが、2017年に投資の対象として一気に注目を集めました。

仮想通貨を投資の対象と理解している人が多いですが、実は様々な機能を持っています。通貨の単位がBTCで表現されるビットコインは、インターネット上で通貨としても使うことができます。

日本でも店舗でビットコインが電子マネーとして使える店が増えるなど、お金として普及し始めています。

ビットコインと円やドルの違いとは

円やドルは、国が保証する通貨。

ビットコインはブロックチェーンという仕組みの上で管理されるお金で、特定の国が管理しないところが大きな違いです。

国が管理しないため、送金の際に為替相場の影響を受けないことも強みだと言われます。これから、ビットコインでの決済ができるお店は増えていくと予測されていますよ。

ビットコインを使った文章・例文

  1. ビットコインに投資したらいきなり暴落して大損した。
  2. 日本でも、徐々にビットコインを使える店が増えてきている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ