「ハレーション」とは?意味や使い方を解説!

「ハレーション」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ハレーション」について解説します。

目次

  1. ハレーション
  2. ハレーションの意味とは
  3. ハレーションを使った文章・例文

ハレーション

ハレーション」という言葉はビジネスの場面でときどき聞きますね。

横文字を多用する上司が「ハレーション」と言っているのを聞いて、はて?どんな意味だろうと感じたことがある人も多いと思います。

今ではビジネス用語として市民権を得た「ハレーション」ですが、もともとはカメラ用語。本来の意味も知っておきたいですね。

この記事では、「ハレーション」の意味や使い方などを解説します。

ハレーションの意味とは

「ハレーション」の意味は、カメラ用語としては「強い光が感光層に影響を与え写真全体が白くぼやけること」。ビジネス用語としては「周囲に悪影響を及ぼすこと」です。

写真を撮影する際に強い光が当たると、通常の光だと吸収される部分で吸収されずに感光層に作用するのです。写真全体が白くなってしまうため、ハレーションは避けたいところ。

そんな時にはハレ切りをしてみましょう。ハレ切りとは、レンズの上に手や黒いうちわをかざして構図外からの光を遮ること。簡単で効果が大きいのでおすすめです。

ビジネスで使う際には、写真をだめにしてしまうところから「悪影響」の意味で使われます。ほぼ悪影響の意味ですが、時には違う意味で使われることもあるので文脈に注意しましょう。

英語で表現すると「halation」。もともと英語の「halation」からきているので、意味は同じです。

ハレーションを使った文章・例文

  1. 彼が起こした一つのミスからハレーションが起きてしまった。
  2. せっかくの写真がハレーションで台無しだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ