「人の振り見て我が振り直せ」とは?意味や使い方を解説!

「人の振り見て我が振り直せ」ということわざを一度は耳にしたことがあると思います。覚えておくととても便利な言葉です。今回は「人の振り見て我が振り直せ」の意味・使い方・例文などを紹介します。

目次

  1. 人の振り見て我が振り直せ
  2. 人の振り見て我が振り直せの意味とは
  3. 人の振り見て我が振り直せの類語
  4. 人の振り見て我が振り直せを使った文章・例文

人の振り見て我が振り直せ

人の振り見て我が振り直せ」ということわざの意味や類語、使い方について解説します。

この「人の振り見て我が振り直せ」ということわざは、日常生活やビジネスの場でも使う機会が多く、耳馴染みのある方が多いかと思います。

意味も調べずとも知っているという方もいるのではないでしょうか。

しかし、有名なことわざほど、間違った意味で使うと恥をかいてしまうので、この機会に「人の振り見て我が振り直せ」ということわざについてしっかり理解していきましょう。

人の振り見て我が振り直せの意味とは

人の振り見て我が振り直せということわざとは、「他人の行いや振る舞いを見て、良いところは真似をし、悪いところは自分にも当てはまれば見直し改めよ。」という意味を持ちます。

自分の行いを客観的に見ることは難しいため、他人の行いを見て参考にして、自分の行いを改めた方が良いという教えの意味もあります。

人の悪いところを見て、それが自分に当てはまるようなら改めるという意味で理解している方は多いかと思いますが、人の良い行いを見てそれを見習うという意味も含めて理解している方は意外と少ないかもしれません。

人の振り見て我が振り直せの類語

  • 他山の石
  • 上手は下手の手本、下手は上手の手本
  • 人こそ人の鑑
  • 前車の覆るは後車の戒め
他山の石とは、「よその出来事や自分に向けられる批評が結果的に自分の知徳を磨く助けになる」という意味を持ちます。

人の振り見て我が振り直せを使った文章・例文

  1. 人の振り見て我が振り直せというように、人の悪いところが自分にも当てはまっていたら改めるべきだ。
  2. 彼女が電車で老人に席を譲っていたので、人の振り見て我が振り直せの精神で見習うべきたと思った。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ