「1DK」と「1LDK」の違いとは?それぞれの意味を解説!

「1DK」と「1LDK」の違いについて解説します。どちらも頻繁に使う表現です。しかし、「1DK」と「1LDK」の二つは同じような意味を持つ表現と勘違いされる方もおられるかもしれません。「1DK」と「1LDK」それぞれの意味を解説し、言葉の意味の違いについて紹介します。

目次

  1. 「1DK」と「1LDK」
  2. 「1DK」と「1LDK 」のそれぞれの意味とは
  3. 「1DK」と「1LDK 」の違いとは
  4. 「1DK」と「1LDK 」を使った文章・例文

「1DK」と「1LDK」

皆さんは「1DK」「1LDK」という言葉をご存知でしょうか。

引っ越しなどの際によく見かける、耳にする言葉ではありますが、どう違うのか分かる人はあまり多くないと思います。

この記事では、「1DK」と「1LDK」の違いを解説させていただきます。

「1DK」と「1LDK 」のそれぞれの意味とは

皆さんは不動産情報などで当たり前のように「1DK」「1LDK」という文字を目にしていると思いますが、その意味までは知らないという方もいるのではないでしょうか。

違いを解説する前に、それぞれの意味を解説させていただきます。

「1DK」

「1DK」の「1」は「DK」以外の部屋の数

「DK」は「Dining Kitchen」の略称です。

つまり、「1DK」は「1部屋」+「ダイニングキッチン」という間取りになります。

「1LDK 」

「1LDK」の「LDK」は「Living Dining Kitchen」の略称です。

つまり、「1LDK」は「1部屋」+「リビングダイニングキッチン」という間取りです。

「1DK」と「1LDK 」の違いとは

「1DK」と「1LDK」の違いは、部屋の広さです。

  • 「1DK」  キッチンのある部屋の広さが4.5帖~8帖
  • 「1LDK」  キッチンのある部屋の広さが8帖以上

「1LDK」の方が部屋数が多い、と勘違いされる方もいますが、違いはキッチンのある部屋の広さだけで、部屋数は同じなので、気を付けてください。

「1DK」と「1LDK 」を使った文章・例文

ここで、「1DK」と「1LDK」の例文をご紹介します。

1.1DKと1LDKの部屋数は同じだ。
2.広いダイニングに憧れるから、次の部屋は1LDKにしよう。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ