「整合性」とは?意味や使い方を解説!

「整合性」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「整合性」について解説します。

目次

  1. 整合性
  2. 整合性の意味とは
  3. 整合性の類語
  4. 整合性の使い方・例文

整合性

整合性」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は、「せいごうせい」となります。

よく「整合性がある」「整合性がない」「整合性をとる」といった使い方をします。

ビジネスの場で使われることが多い言葉ですが、皆さんは正しい意味をご存知でしょうか。

類語なども合わせて解説するので、この機会に「整合性」という言葉について深く理解していきましょう。

整合性の意味とは

整合性という言葉の意味は大きく分けて3つあります。

まず、1つ目は「理論に矛盾がないこと」という意味になります。

2つ目は「一貫している状態」という意味で、

3つ目が「ずれがなく整っている状態」という意味になります。

つまり、整合性があるとは「理論に矛盾がなく、一貫性がある」という意味になります。

また、整合性がないとは、「理論に矛盾があり、一貫性がなく破綻している」という意味になり、

整合性をとるとは、「矛盾が生じている状態を矛盾がない状態にする」という意味になります。

整合性の類語

  • 一貫
  • 一致
  • 一貫性
これらが整合性の類語になります。

ちなみに、整合性と似た言葉の「統合性」は「いくつかものを一まとめにすること」という意味になります。

似ている言葉ですが、意味は異なるので注意したいところです。

整合性の使い方・例文

  1. この文書には整合性がないので、信用していない。
  2. 容疑者の自供と物的証拠には整合性があるので、この容疑者が犯人で間違いないだろう。
  3. 部下が作成した書類には矛盾点ががあるので、整合性をとる必要がある。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ