「シンジケート」とは?意味や使い方を解説!

「シンジケート」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「シンジケート」について解説します。

目次

  1. シンジケート
  2. シンジケートの意味とは
  3. シンジケートの使い方・例文

シンジケート

皆さんは「シンジケート」という言葉をご存知でしょうか。
聞いたことはあっても意味は分からないという方がほとんどだと思います。

この記事では、「シンジケート」の意味と使い方、例文を解説させていただきます。

シンジケートの意味とは

「シンジケート」には複数の意味があります。

共同販売を行う企業連合
株式などの発行を引き受ける為に連合した銀行や金融機関
大がかりな犯罪組織」の3つです。

「シンジケート調査」という言葉を聞いたことがある方もいると思います。
こちらの意味は、「調査機関と契約した会員社のみにデータが提供される調査」となります。「シンジケート調査は、テレビの視聴率や消費者パネルの調査に多いサービスです。

また、「シンジケート」という言葉には「暴力団」という意味もあります。
「犯罪シンジケート」「地下シンジケート」と呼ばれるものですが、日本では「ヤクザ」などの呼び方の方が馴染みがあるのではないでしょうか。

競馬用語にも使われる言葉で、この場合は「種馬について組織された株主の集まり」を意味します。一頭の種馬に対し株式を分配し、その保有数に応じて種付の権利を得ます。

「シンジケート」の英語訳

「シンジケート」は英語で「Syndicate」です。
意味としては日本語のものと変わりはありません。

シンジケートの使い方・例文

ここで、「シンジケート」を使った例文をご紹介致します。

1.優秀な種馬に3億円のシンジケートが組まれ、競馬業界は大盛り上がりだ。
2.シンジケートは英語でSyndicateだ。
3.犯罪シンジケートによる大掛かりなテロが問題になっている。
4.地下シンジケートに掲げられる賞金首の名前。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ