「アバンチュール」とは?意味や使い方を解説!

「アバンチュール」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「アバンチュール」について解説します。

目次

  1. アバンチュール
  2. アバンチュールの意味とは
  3. アバンチュールを使った文章・例文

アバンチュール

アバンチュール」はテレビなどでよく聞く言葉ですね。日常的に使うことはあまりないですが、響きがおしゃれな言葉です。

普段使いする言葉ではありませんが、聞く機会もあるため知っておくと便利な言葉なのでこの機会に語源や意味も含めて知っておいてくださいね。

この記事では、「アバンチュール」の意味や語源、使い方などを解説します。

アバンチュールの意味とは

アバンチュールの意味は「危険な恋」「冒険的な恋」「火遊びの恋」です。

アバンチュールはもともとはフランス語の「aventure」からきています。これは「冒険」を表す言葉で、特に恋に限定している言葉ではありません。英語の「adventure」もフランス語の「aventure」がもとになっていると言われています。

しかし、日本でカタカナ語の「アバンチュール」が使われる時には、本来の「冒険」の意味はあまりなく、恋に関する文脈で使われますね。

それも、穏やかな恋ではなく危険な恋ですね。代表的なところでは不倫。そして、浮気や一夜限りの恋など。ひと夏のアバチュールなどの表現もあります。

ひと夏の恋などはドラマチックな雰囲気も漂いますが、最近では特に不倫への風当たりは強いので「アバンチュール」には気をつけたいところです。

アバンチュールを使った文章・例文

  1. 私が10代の頃に経験したひと夏のアバンチュールは、今でも記憶に鮮明に刻まれている素敵な思い出だ。
  2. 彼はついつい足を踏み入れたアバンチュールによって、積み上げてきたものを全て失ってしまった。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ