「アナザースカイ」とは?意味や使い方を解説!

「アナザースカイ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「アナザースカイ」について解説します。

目次

  1. アナザースカイ
  2. アナザースカイの意味とは
  3. アナザースカイを使った文章・例文

アナザースカイ

アナザースカイ」という言葉はテレビ番組のタイトルとして知られていますね。英語なのはわかっても、直訳するとよく意味がわからないので不思議に感じていた人もいるかもしれません。

英語圏の人に「アナザースカイ」と伝えても、「何のこと?」となってしまう可能性がありますので、意味を知っておきたい言葉ですね。

この記事では「アナザースカイ」の意味や使い方などを解説します。

アナザースカイの意味とは

「アナザースカイ」の意味は「第二のふるさと・故郷」「あこがれの場所」です。

「アナザースカイ」は英語で綴ると「another sky」となります。「another sky」を直訳すると「別の空」「もう一つの空」となりますが、日本での使われ方は違いますね。

実は、「アナザースカイ」は英語では一般的に使われるものではなく、カタカナ語として使われているものです。「もう一つの空」という意味から連想して、「第二のふるさと」「あこがれの場所」という意味で使っているのです。

そのため、英語圏で話す時に「アナザースカイ」と言っても、思っていることが伝わらずちぐはぐの会話になってしまいますのでご注意ください。

テレビ番組の「アナザースカイ」では、毎回ゲストを招いてその人の「あこがれの地」や「第二のふるさと・故郷」を紹介しています。

アナザースカイを使った文章・例文

  1. 窮屈な今の環境を飛び出して自分にとってのアナザースカイに向かって旅を始めたい。
  2. 僕にとってのアナザースカイは人生を変えるきっかけになったインドだ。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ