「時期尚早」とは?意味や使い方を解説!

「時期尚早」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「時期尚早」について解説します。

目次

  1. 時期尚早
  2. 時期尚早(じきしょうそう)の意味とは
  3. 時期尚早の使い方・例文

時期尚早

「時期尚早」という言葉について解説します。

新聞、ニュース、ビジネスシーンなどで使われることの多い言葉だと思いますが、皆さんは正しく意味を把握しているでしょうか。

時期早尚、時期早々と思っている方も少なくないようですので、その辺りのことも踏まえつつ、意味や使い方を整理してみましょう。

また、類語や対義語なども併せてご紹介しますので、ぜひご覧になってみてください。

時期尚早(じきしょうそう)の意味とは

時期尚早(じきしょうそう)とは「あることを行うにはまだ早過ぎること。また、そのさま」という意味の言葉です。

<よくある間違い>

  • 時期早尚
  • 時期早々
この2つは誤用で間違いです。

元々「まだはやいこと」という意味の「尚早」という言葉があり、それに「時期」がくっついている言葉ですので、早尚と逆になったり早々という別の言葉がついたりすることはありません。

「じきしょうそう」という読み方をなんとなくの語感で覚えてしまうことで起こる勘違いですので、読み方をしっかり覚えておくと良いかもしれません。

時期尚早の類語・対義語

時期尚早の同義語・類語として

  • 性急に過ぎる
  • 早計な
  • 拙速に過ぎる
  • まだ機が熟していない
などがあります。

逆に、対義語・反対語として
  • 時機到来
  • 好機到来
などがあります。

時期尚早の使い方・例文

  • 一つの結果だけを見てこのプロジェクトを評価を今するのは時期尚早だ。
  • 現段階で理事長の進退を問うことは時期尚早ではない。
  • 二人は盛り上がってしまっているが、付き合ってまだ3ヶ月で結婚するのは時期尚早だと思う。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ