「詠唱」とは?意味や使い方を解説!

「詠唱」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「詠唱」について解説します。

目次

  1. 詠唱
  2. 詠唱(えいしょう)の意味とは
  3. 詠唱を使った文章・例文

詠唱

「詠唱」という言葉について解説します。

日常生活ではあまり出会うことはない言葉かもしれませんが、漫画、ゲーム、アニメなどのサブカルチャーの中では頻繁に使われる言葉なので接したことがある方は多いのではないかと思います。

あまり深く意味を探ったことが無い言葉かもしれませんので、ここで意味を把握してみてください。

詠唱(えいしょう)の意味とは

詠唱(えいしょう)とは「詩歌を節をつけて歌うこと」「祈りや呪文を唱えること」「アリア」という意味の言葉です。

少し日本ではなじみが薄い言葉かもしれません。

G線上のアリアという曲名を聞いたことがあるかと思いますが、「アリア」とは「オペラなどで歌われる旋律的な魅力をもった独唱曲」という意味のことばで、日本語に訳す時に「詠唱」とされることがあります。

やはり日常では使う機会が少ない言葉かもしれませんね。

アニメ・漫画・ゲーム内での「詠唱」

ファンタジー世界や、魔法を題材とした作品の中では「詠唱」は度々使われています。

大半の作品で詠唱は「魔法を発動させるために必要な行為、きっかけ」と定義されているようです。

どんな詠唱をするのか、詠唱の文面が作品の個性と繋がっていることも多く、見せ場の一つとなっていることもあるようなので、作品の中で見かけた際は注目してみると面白いと思います。

詠唱を使った文章・例文

  • 多くの作品で魔法詠唱中のキャラクターは無防備になることが多い。
  • キリスト教などの、神への祈りの言葉をそのまま詠唱として使う作品も多い。
  • 数十人のプロのオペラ歌手による詠唱のフラッシュモブは荘厳な雰囲気すら漂っていた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ