「初見」とは?意味や使い方を解説!

「初見」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「初見」について解説します。

目次

  1. 初見
  2. 初見の意味とは
  3. 初見を使った文章・例文

初見

初見」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「初見」という言葉は、日常会話やビジネスの場でも使うことがあり、耳馴染みがある方が多いのではないでしょうか。

また、音楽の分野でも使うことがあります。

最近では、ネット用語としても用いられることがあり、ネット配信動画のコメントなどで度々目にします。

今回は、一般的な意味に加えて、ネット用語としての意味も解説するので、この機会に「初見」について詳しく知っていきましょう。

 

初見の意味とは

「初見」という言葉の意味は、大きく分けて3つあります。

まず、1つ目は「初めて見ること。」という意味で、初見の資料や初見の文献といった使い方をします。

2つ目は、「初めて会うこと。初対面」という意味で、初見の人といった使い方をします。

3つ目は、「初めて見た楽譜で、演奏や歌唱をすること。」という意味で、初見視唱といった使い方をします。

一般的には、初めて見ることや初対面という意味で使われることが多いです。

ネット用語としての初見は、「ネット上の動画や生放送などを初めて見た際に使われる言葉。」という意味になり、その動画へのコメントで「初見です。」などと書き込んだりします。

初見を使った文章・例文

  1. 私は人見知りなので、あなたのように初見の人ともフランクに話せる人が羨ましい。
  2. プレゼン担当の同僚が休んでしまい急遽、私が初見の資料を見ながらプレゼンすることになった。
  3. プロの演奏家たちは、初見演奏でもしっかりと楽譜通りに演奏していて素晴らしい。
  4. アイドルのネット配信動画に、初見ですとコメントしたところ本人が読んでくれた。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ