「ヤキモチ」とは?意味や使い方を解説!

「ヤキモチ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ヤキモチ」について解説します。

目次

  1. ヤキモチ
  2. ヤキモチの意味とは
  3. ヤキモチを使った文章・例文

ヤキモチ

ヤキモチ」という言葉はみなさんご存知だと思います。

日常的には「ヤキモチ焼いてる」などという使い方が一般的かと思います。
では、この「ヤキモチ」とはどんな意味なのかご存知でしょうか?
また、「ヤキモチ」と「嫉妬」の違いとは?

今回は「ヤキモチ」について解説します。

ヤキモチの意味とは

「ヤキモチ」とは、「嫉妬」の感情のひとつ。恋人が自分以外の人と仲良くするのを嫌がる気持ちのことです。

「ヤキモチ」と「嫉妬」の違い

「嫉妬」とは、人を妬ましい羨ましいと思う気持ちのことで、怒り・不安や怖れなどネガティブな感情と組み合わさった複雑な感情のことです。

しかし、その対象は恋愛関係に限らず、例えば「出世の早い同僚」や「お金持ち」など、自分よりも優れている者・自分からみて良いものを持っている者に対して持つ感情です。

対して、「ヤキモチ」は、恋愛関係のあるパートナーに対する気持ちのことです。
また、仲の良い友達や家族・ペットなど、お互いに好意を持っている者に対する感情です。

男性と女性の「ヤキモチ」の違い

男性と女性では、ヤキモチを焼くポイントが違います。

一般的に、男性は身体的な浮気に嫉妬すると言われています。
女性は精神的な浮気が許せないといわれています。

「ヤキモチ」の語源

「ヤキモチ」は漢字で「焼き餅」と書きます。
嫉妬することを「妬く」とも言うことから、そこに「焼く」の漢字を当てはめ、洒落で「餅」を添えたといわれています。
また、「妬く気持ち」を略して「やきもち」と言うようになったという説もあります。

妬いたときのふくれっ面と、焼いた餅がふくらむ姿が似ていることから「焼き餅」になったとする説もあるがこれは後付けだということです。

ヤキモチを使った文章・例文

彼が、あの綺麗な人と話しているのを見かけるたびに、ネガティブで不安な気持ちになった。これが「ヤキモチ」なのだと気づいたのは、つい最近だ。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ