「ルーティン」とは?意味や使い方を解説!

「ルーティン」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ルーティン」について解説します。

目次

  1. ルーティン
  2. ルーティンの意味とは
  3. ルーティンを使った文章・例文

ルーティン

皆さんは、「ルーティン」という言葉をご存知でしょうか。
数年前、とあるスポーツ選手の「ルーティンワーク」という言葉から爆発的に流行しましたが、意味までは知らない人もいまると思います。

この記事では、「ルーティン」の意味と使い方、例文を解説させていただきます。

ルーティンの意味とは

「ルーティン」とは英単語の「routine」です。「ルーチン」や「ルーティーン」とも発音します。
意味としては、「決まりきった仕事」や「日々の作業」です。「ルーチンワーク」「ルーティンワーク」とも呼びます。
また、コンピュータのプログラムの一部で、ある一連の動作の命令群のこともそう呼びます。

野球のイチロー選手のファンであれば、彼のルーティンワークはご存知だと思います。バッターボックスに入った際、彼は必ず袖を引っ張りながらバットの先端を相手のバックスクリーンへ向けるのです。
イチロー選手の他にも、ルーティンを持つアスリートは多くいます。ルーティンワークと言うのは、業務などにおいて精神の安定やミスを減らす為の行動として、大きな意味を持っています。

ルーティンを使った文章・例文

ここで、「ルーティン」を使った例文をご紹介します。

1.毎日の決まった日課や仕事、作業をルーティンワークと呼ぶ。
2.「routine」はルーチンやルーティーンとも発音できる。
3.毎日出勤前に爪を磨き整えるのが、私のルーチンワークだ。
4.イチロー選手を見習い、ルーチンワークを毎日行って自分を高めて行く考えだ。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ