「ゾディアック」とは?意味や使い方を解説!

「ゾディアック」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ゾディアック」について解説します。

目次

  1. ゾディアック
  2. ゾディアックの意味とは
  3. ゾディアックを使った文章・例文

ゾディアック

ゾディアック」という言葉をアメリカのサンフランシスコで起きたゾディアック事件で覚えている人も多いかもしれません。また、星座占いなどに興味がある人にもなじみがある言葉ですね。

「ゾディアック」は日常生活の中で使われる言葉ではありませんが、聞くこともありますのでどのようなものか知っておきたいですね。最近では仮想通貨の取引所の名前にもなっています。

この記事では「ゾディアック」の意味や使い方などを解説します。

ゾディアックの意味とは

「ゾディアック」の意味は「黄道帯」「十二宮図」です。黄道帯とは太陽の見かけ上の通り道周辺のこと。その黄道帯には13もの星座が存在しています。

13の星座のうち、へびつかい座以外の12星座を黄道十二星座と呼び、これを図にしたものをゾディアック(十二宮図)と呼びます。

「ゾディアック」は天文学の用語ですが、響きの良さからか他の場面でも使われることがあります。最近では、2018年に開かれる予定の仮想通貨取引所に「ゾディアック」という名前がつけられました。

また、1960年~70年代にサンフランシスコで起きた「ゾディアック事件」では、犯人が声明文で「私はゾディアックだ」と名乗っていました。この事件は現在でも未解決です。

ゾディアックを使った文章・例文

  1. ゾディアック事件は多くの人が殺害された凄惨な事件だが、いまだに犯人の特定には至っていない。
  2. 新しく開設される仮想通貨取引所のゾディアックは多くの仮想通貨ユーザーから注目を集めている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ