「ポイズン」とは?意味や使い方を解説!

「ポイズン」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ポイズン」について解説します。

目次

  1. ポイズン
  2. ポイズン(poison)の意味とは
  3. ポイズンの類語
  4. ポイズンを使った文章・例文

ポイズン

「ポイズン」という言葉について解説します。

2000年代に反町隆史さんが出した曲で、「言いたいことも言えない世の中は…ポイズン」という歌詞が話題になり一時期テレビなどではよく見聞きした言葉ですが、本来の意味において日常生活で口に出して使うことはなかなかない言葉だと思います。

今回は、ポイズンの意味や類語などを紹介していきますので、一度目を通していただいて改めて整理してもらえればと思います。

ぜひご覧になってください。

ポイズン(poison)の意味とは

ポイズン(poison)とは「毒、毒物、毒薬」を意味する英語です。

映画やテレビに出てくる小物では、poisonという言葉とともにドクロのマークがついていることが多いと思います。

ポイズンという言葉は日本でもカタカナ語のような感じで定着している英語ですが、なかなか日常で毒の代わりに「それポイズンだから食べられないよ」といった言い方はしません。

意味も分かりやすく、簡単なスペルなので英語ごと覚えておいてみてください。

海外旅行などに行く際には知っておいて損はない言葉だと思います。

ポイズンの類語

英語のpoisonの類語として「toxic agent(毒物)」という言葉があります。

日本語のポイズン、毒物の類語としては

  • 有害物質
  • 汚染物質
  • 劇薬
  • 発がん性物質
といったものが挙げられます。

ポイズンを使った文章・例文

  • 山や川などに遊びに行く際には、ポイズンリムーバーは携行したほうがいい。
  • ゲームなどでは毒に汚染されたことを、ポイズン状態という場合もある。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ