「マジョリティ」とは?意味や使い方を解説!

「マジョリティ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「マジョリティ」について解説します。

目次

  1. マジョリティ
  2. マジョリティの意味とは
  3. マジョリティの反対語
  4. マジョリティを使った文章・例文

マジョリティ

「マジョリティ」という言葉について解説します。

皆さんの中には、2016年に発売された欅坂46のデビューシングル「サイレントマジョリティー」という曲名で「マジョリティ」という言葉を知った方も多くいらっしゃるかもしれません。

昨今では、移民やジェンダーの話題で出てくる「マイノリティ」と対になる言葉として認識され始めてきているようですが、

ここでは、マジョリティの意味や使い方、反対語について紹介していきますので、どうぞご覧ください。

マジョリティの意味とは

マジョリティ(majority)とは「多数」「多数派」「過半数」という意味の言葉となっています。

英語の大きいという意味のmajorの形容詞で、立場的に大きいことや、様子を意味しています。

サイレントマジョリティ

欅坂46のデビュー曲タイトルにもなっている「サイレントマジョリティー」という言葉の意味を紹介します。

サイレントマジョリティとは「静かな大衆」「物言わぬ多数派」という意味になります。

この言葉の有名な使用例は、アメリカのニクソン大統領がベトナム戦争に関した演説で使った「グレート・サイレントマジョリティ」で、

反戦運動をしない(サイレントな)多数派は戦争に賛成しているのと同じだ。という論理で用いた詭弁があります。

マジョリティの反対語

マジョリティの反対語は「マイノリティ(minority)」で「少数・少数派」という意味になります。

社会的マイノリティ、性的マイノリティというように使われることが多いようです。

使い方などは「マイノリティ」とは?意味や使い方を解説!を参考にしてください。

マジョリティを使った文章・例文

  • サイレントマジョリティの意見を吸い上げるのがマーケティングの肝となっている。
  • 小学生の教室の中にも、マジョリティとマイノリティのグループが出来上がっている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ