「ご愛嬌」とは?意味や使い方を解説!

「ご愛嬌」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ご愛嬌」について解説します。

目次

  1. ご愛嬌
  2. ご愛嬌の意味とは
  3. ご愛嬌の類語
  4. ご愛嬌の使い方・例文

ご愛嬌

ご愛嬌」という言葉の意味や読み方、使い方、類語について解説します。

この「ご愛嬌」という言葉は丁寧表現で、販売業の方や目上の方と話す際に、使う方が多いのではないでしょうか。

読み方は、「ごあいきょう」となります。

また、漢字での書き方は、ご愛嬌の他に「ご愛敬」と書く場合もあります。

会話の中での使い方としては、「ご愛嬌と言うことで。」と言ったります。

メールや書面でのやり取りにはあまり使わない言葉なので、なんとなくこんな意味だろうと予想して使っている方もいるかもしれません。

意味を間違えて使うと、相手に失礼に当たる可能性もあるので、この機会に「ご愛嬌」について深く知っていきましょう。

ご愛嬌の意味とは

ご愛嬌(ご愛敬・ごあいきょう)とは、「愛嬌」に丁寧表現の「ご」を付けた言葉になります。

愛嬌の意味は大きく分けて4つあります。

1つ目は「接すると、好感を抱かせる柔和な様子。」

2つ目は「にこやかで可愛らしい様子。」

3つ目は「憎めない表情やしぐさ。」

4つ目は「相手を喜ばせるような振る舞いや言葉。」

という意味になります。

そして、ご愛嬌は「座興やささやかなサービス。」という意味になります。

「ご愛嬌ということで。」と言う場合は、「ちょっとした非礼や至らない点などを寛大に許してもらいたい」という意味が含まれます。

ご愛嬌の類語

  • 可愛らしさ
  • 愛らしさ
  • 可愛げ
  • 親しみやすさ

ご愛嬌の使い方・例文

  1. 若い娘なので、何かとご無礼もあるかもしれませんが、ご愛嬌ということで。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ