「猛省」とは?意味や使い方を解説!

「猛省」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「猛省」について解説します。

目次

  1. 猛省
  2. 猛省の意味とは
  3. 猛省の使い方・例文

猛省

猛省(もうせい)」という言葉は政治家の謝罪会見やスポーツ選手が大きなミスをした場面などで聞くことがある言葉ですね。「猛省を求める」などの使い方で失態を犯した人を責めることもあります。

ビジネスでミスをした時にも使うことがありますが、通常の反省よりも程度が大きいため軽々しく使うのは避けたい言葉でもあります。意味を正しく知って使いたいですね。

この記事では「猛省」の意味や使い方、読み方などを解説します。

猛省の意味とは

「猛省」の読み方は「もうせい」です。

「猛省」の意味は「激しく反省すること」「深く反省すること」です。猛反省という使い方でもよさそうですが、猛省と言います。猛反省という言葉はあまり使われませんので注意したいですね。

「猛省」はビジネスの場面や政治家の謝罪会見など使用される機会も多い言葉です。「猛省を求める」という使い方で、強く批判する場面を見たことがある人も多いと思います。

また、大猛省という使い方をする人もいますが通常はあまり使いません。大猛省とビジネスの場で使うと、馬鹿にされていると感じて不快に感じる人もいますので気をつけましょう。

猛省の使い方・例文

  1. 今回の会見での彼の失言は、国民に対して大きな失望感を与えることになった意味で非常に罪深い。今後このようなことがないように猛省を求める。
  2. 今日の試合の流れを変えてしまったのはショートのエラーだった。彼は今日のミスを猛省して今後の自分のプレーに生かすことが必要だ。
  3. 猛省したように見せているが、彼は実際には何も考えていないのがみえみえだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ