「コテージ」とは?意味や特徴を解説!

「コテージ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「コテージ」について解説します。

目次

  1. コテージ
  2. コテージの意味とは
  3. コテージの特徴とは

コテージ

コテージ」の意味や、バンガローとロッジの違いなどについて解説します。

この3つの宿泊施設は、日本においては主にキャンプ場に設けられることが多く、それぞれにこれといった定義はありません。

しかし、一般的に3つの宿泊施設には、それぞれ施設内容や設備、メインターゲットなどの違いはあります。

今回は、それぞれの特徴を詳しく解説します。

コテージの意味とは

コテージの正しい意味は、「山小屋。または山小屋のような建物。」となります。

バンガローとロッジとの違い

コテージもバンガローもロッジも日本では、キャンプ場に設けられることが多いです。

バンガローは、木造の簡易な宿泊小屋を指します。

テントの代わりとして利用する木造小屋という位置づけになり、施設内容としてはトイレやシャワーといった設備やベッドもないことが多いです。

そして、ロッジは山小屋や、山小屋のようなホテル、山荘、旅館といった位置づけになります。

スキー場に併設されたレストランなどが入った大規模な施設や、簡素な山小屋などの小規模な施設まで、幅広くロッジという呼称が使われますが、日本ではコテージとバンガローの中間的な施設内容や設備を有した宿泊施設という位置づけになっていることが多いです。

コテージの特徴とは

日本におけるコテージの特徴は主に3つあります。
 

  1. 主に戸建てを一件丸ごと貸切る宿泊施設である
  2. 貸別荘に近い位置づけである
  3. シャワーやトイレ、ベッド、冷暖房が備わっている場合が多い

以上が日本におけるコテージの特徴になります。

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ