「アジジ作戦」とは?意味や使い方を解説!

「アジジ作戦」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「アジジ作戦」について解説します。

目次

  1. アジジ作戦
  2. アジジ作戦の意味とは
  3. アジジ作戦の使い方・例文

アジジ作戦

アジジ作戦」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「アジジ作戦」とは、あるサッカーの試合で使われた情報戦を示す言葉になります。

サッカーに詳しい方は、ご存知かもしれません。

今回は、この「アジジ作戦」について詳しく解説するので、この機会に深く知っていきましょう。

アジジ作戦の意味とは

アジジ作戦とは「1997年の11月に、日本とイランがサッカーのワールドカップ出場をかけて戦ったフランスワールドカップ第三代表決定戦において、当時イラン代表のコダダド・アジジ選手が、試合の前日に報道陣の前に車椅子姿で登場したが、翌日の試合でスターティングメンバ―として出場した事件。」になります。


この時、すでにサウジアラビアと韓国が予選で1位となりワールドカップ出場を決めていました。
 

そして、プレーオフで予選2位であったイランと日本が3枠目をかけて戦うという重要な場面での出来事で、この事件は、主力選手が怪我をしていると見せかけ日本を油断させようと、イラン側が仕掛けた情報戦であったという認識の人もいましたが、当時の日本代表選手や監督、サポーターの多くはそれが嘘であると気づいていたそうです。

事件の真相としては、当時のイラン代表監督の発言によると、予選の途中で同僚と喧嘩したアジジ選手を協会が強制送還させようとした為、内紛を表面化させないようアジジ選手が怪我をしたことにし、車椅子に乗せ日本との試合の前日も休ませようとして起きた出来事とされています。

アジジ作戦の使い方・例文

  1. アジジ作戦はサッカーファンの中では有名な珍事件だ。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ