「媚びを売る」とは?意味や使い方を解説!

「媚びを売る」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「媚びを売る」について解説します。

目次

  1. 媚びを売る
  2. 媚びを売るの意味とは
  3. 媚びを売るの類語
  4. 媚びを売るを使った文章・例文

媚びを売る

媚びを売る」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「媚びを売る」とは一般的に使われている言葉なので、耳馴染みのある方が多いのではないでしょうか。

似た言葉に「ゴマすり」があり、あまり良い意味の言葉ではありません。

なんとなくこんな意味だろうと予想して使っている方も多いかと思いますが、良い意味ではない言葉ほど、間違った使い方をした際にトラブルを招く恐れがあります。

この機会に、「媚びを売る」について詳しく知っていきましょう。

媚びを売るの意味とは

媚びを売るとは、「相手の機嫌をとろうとへつらうこと。または、目上の人に気に入られるようにふるまうこと。」という意味になります。

よく、「媚びを売るような態度。」や「同僚が上司に媚びを売っている。」といった使い方をします。

ちなみに、へつらうとは「目上の人にお世辞やおべんちゃらを言ったりして機嫌をとり、気に入られるようにふるまうこと。」という意味になります。

同じ意味の表現に、「媚びへつらう」や「媚びる」という言い回しもあります。

媚びるは「女性がなまめかしい態度で男性の気を惹こうとする。」という意味合いが強いです。

どれもあまり良いイメージのある表現ではないので、慎重に使う必要があります。

媚びを売るの類語

「媚びを売る」の類語は以下になります。

  • ごまをする
  • シナを作る
  • おべっかを使う
  • 鼻息をうかがう
  • へいこらする
  • おべんちゃらを言う
  • ゴマすりをする

媚びを売るを使った文章・例文

  1. 愛想のよい彼女は、上司に媚びを売るのも上手い。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ