「インフレーション」とは?意味や使い方を解説!

「インフレーション」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「インフレーション」について解説します。

目次

  1. インフレーション
  2. インフレーションの意味とは
  3. インフレーションを使った文章・例文

インフレーション

インフレーション」という言葉は、「インフレ」と短縮された形でニュースなどでよく耳にしますね。学校でも習う経済用語なので知っている人も多いのではないでしょうか。

「インフレーション」は英語の「inflation」が語源になっていて、日本では経済用語としてよく使われるようになりました。ビジネスや日常の場面で頻繁に使われる言葉なので、対義語のデフレーションと併せて知っておきたい言葉です。

この記事では「インフレーション」の意味や使い方などを解説します。

インフレーションの意味とは

「インフレーション」の意味は「物価が継続して上昇していく状態」です。「インフレ」は、「インフレーション」の短縮形でこちらの方がなじみがある人も多いかもしれません。

インフレになると、貨幣の価値が下がり同じものを買うにも金額がどんどんと高くなっていきます。

膨張などの意味がある英単語「inflation」が語源になっていて、経済用語として日本社会に浸透している言葉ですね。対義語は「デフレーション」です。「デフレーション」になると、インフレとは反対に物価が下がることになります。

インフレが進むと貨幣の価値が下がり貯金してきたお金の価値が下がる、物価が上昇して買い物が難しくなるなどのデメリットがあるため、インフレが進みすぎないように調整がされることになります。

インフレーションを使った文章・例文

  1. 今年は一気にインフレーションが進んだため、食料品を買う際にも節約を心がけないと大変なことになる。
  2. インフレーションが進みすぎると貨幣の価値がほとんどゼロに近い状態になってしまう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ