「デフレーション」とは?意味や使い方を解説!

「デフレーション」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「デフレーション」について解説します。

目次

  1. デフレーション
  2. デフレーションの意味とは
  3. デフレーションを使った文章・例文

デフレーション

デフレーション」という言葉は、「デフレ」という形でよく耳にしますね。英語のDeflationが語源になっている言葉で、日本では経済用語として知られています。対義語は物価が上がる「インフレーション」です。

日本では「デフレ」が進んだ期間が長いため、毎日のように聞いた時代もありました。

「デフレ」が進むと物価縮小により物が安く買えるようになる一方、デフレスパイラルによって経済状態が悪くなるデメリットがあります。

この記事では「デフレーション」の意味や使い方、対義語などを解説します。

デフレーションの意味とは

「デフレーション」の意味は「物価水準が低下する現象」です。短縮した「デフレ」という形で聞く機会の方が多いかもしれません。

語源は、空気を抜くこと、収縮などの意味がある英単語の「Deflation」です。日本では、経済用語として学校教育の中で学ぶこともあり多くの人にとってなじみ深い単語です。

牛丼やハンバーガーの値段がどんどん安くなった時代がありましたが、あれはまさに「デフレ」の影響です。「デフレ」が進むと物価縮小が進み物を安く買える一方で経済に与える悪影響も大きいです。

物の値段が下がると、そこで働く人の賃金が下がる。結果として生活が苦しく物を買えない。売るためにまた値段を下げる、という悪循環「デフレスパイラル」が起きて国全体の経済状態が悪くなってしまいます。

デフレーションを使った文章・例文

  1. インフレーションは日々の生活が苦しくなるので困るが、デフレーションになると長期的に日本の経済状態が悪くなっていく。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ