「馬力」とは?意味や「トルク」との違いを解説!

「馬力」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「馬力」について意味や「トルク」との違いなどを詳しく解説します。

目次

  1. 馬力
  2. 馬力の意味とは
  3. 馬力とトルクの違いとは
  4. 馬力の使い方・例文

馬力

「馬力」という言葉について解説します。

車などの性能を表す時にOO馬力と表示されていたりするのを見たことがあると思います。

他にも「外国人と日本人だと馬力が違うよね」といった風に会話の中でも使われることがある「馬力」という言葉ですが、意味をしっかりとご存知でしょうか。

また、馬力と似た意味の言葉として「トルク」というものがありますが、二つの違いはなんでしょうか?

ここでは、馬力の意味や、トルクとの違いについて紹介していきますので、ぜひご覧ください。

馬力の意味とは

馬力とは「75キロの物を毎秒1メートル動かす力を表す仕事率の単位」「物事を精力的に動かす力」という意味の言葉です。

会話の中で使われる場合は、後者の意味での使い方かと思いますが、単純に「筋力などの力」を指して使われることもあるようです。

 

馬力とトルクの違いとは

車などのエンジンについてよく「OO馬力ある」などと言いますが、トルクという言葉も一緒に見かける言葉です。

違いとしては、馬力は「パワーの総量・持久力」を表し、トルクは「自動車のタイヤを回転させる力・瞬発力」を表します。

平たくいうと、加速感がトルクで、達した速度が馬力となり、最高速度は馬力に左右されますが、そこに達する時間はトルクに左右されます。

馬力を求める計算・換算式がありますが、馬力はトルクにエンジンの回転数を掛け合わせて求められます。


 

馬力の使い方・例文

  • 馬力の計算式・換算式はパッと見では複雑すぎてわからない。
  • 馬力があればあるほど良いかというと一概にそうもいえない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ